« ジャンプW杯2017/18終了 小林陵侑伝説の始まり | トップページ | 住宅地に潜む博多温泉は驚愕の秘湯 »

2019年6月11日 (火)

音盤回想録2018 ホロデンコ来日公演 新星は正統派

ロシアの若手ピアニストの中で今最も注目しているヴァディム・ホロデンコが豊洲シビックセンターにてリサイタルを行いました。曲目はゴドフスキーのショパン練習曲、スクリャービンの第6ソナタ、プロコフィエフの第8ソナタなど、マニア垂涎の難曲揃い。案の定、大勢の知人が顔を連ねていました。驚くべきは弱音と声部の繊細な制御、指周りや腕力に依らない音楽性が際立ち、若手では久しぶりに正統性を感じさせます。丁度昨年の音盤回想録を完成しましたが、彼のバラキレフのソナタを挙げたところ、今後の活躍から目を離せません。さて、Discs Reminiscent 2018を掲載。新盤ではマルテンポのリャプノフやエマールの鳥のカタログ、昔の愛聴盤からはハフのボーエン、アムランのジャズ風オムニバスなど。最近はなかなか新しいCDを購入できていませんが、二千枚を超えたCDを少しずつ聴き直すように努めたいと思います。

|

« ジャンプW杯2017/18終了 小林陵侑伝説の始まり | トップページ | 住宅地に潜む博多温泉は驚愕の秘湯 »