« プヌ族の白塗りマスク アフリカからの久方振りの新顔 | トップページ | 平成末のお伊勢参りその2 日本のふるさとで命の洗濯 »

2019年3月23日 (土)

平成末のお伊勢参りその1 伊賀上野の城下町をふらり散歩

京都出張後の週末、小学生以来、平成最後のお伊勢参りを計画しました。奈良に宿泊し、朝は猿沢池や興福寺を散歩。昼前に関西本線で東に向かい、伊賀上野駅で伊賀鉄道の忍者列車に乗り換えて中心街へ。まずは小さな丘の上に建つ伊賀上野城に向かい、天守閣から盆地が見渡した後は、隣接する伊賀流忍者博物館を訪問。忍者屋敷のからくりや忍術の道具を見て回った後は、小京都として知られる城下町をのんびり散策。武家屋敷や町家、商家や酒蔵、寺町など、観光客のいない静かな町並みを楽しみました。町外れで再び伊賀鉄道に乗車、伊賀神戸駅で近鉄特急に乗り換えて、一路夕方の伊勢へ。向かうは、寂れ具合が目立つ新道商店街の先にある名酒場・一月屋。暖簾をくぐるとほぼ満席の賑わい振り、商店街とは別世界の生きた時空間がそこにはありました。

Pic20190323a

Pic20190323b

Pic20190323c

Pic20190323d

|

« プヌ族の白塗りマスク アフリカからの久方振りの新顔 | トップページ | 平成末のお伊勢参りその2 日本のふるさとで命の洗濯 »