« 晩秋の金沢散歩 にし茶屋街から寺町の小径巡り | トップページ | プヌ族の白塗りマスク アフリカからの久方振りの新顔 »

2018年12月 8日 (土)

P2演奏会11回目終了 古今東西の幻想曲を堪能

平成最後の師走を迎える中、Piano Perspective第11回演奏会「幽玄夢幻の調べ」をかつしかシンフォニーヒルズのアイリスホールで開催しました。題目から予想される通り、古典から現代までの幻想曲が一堂に集まり、大曲も多く重厚なプログラムとなりました。出演者の平均年齢が五十歳に達しつつあるにも拘わらず、皆さんの演奏の質は円熟味を増しながら益々高まるばかり。私自身は夏の演奏会で一部演奏したカプースチンの幻想ソナタを全楽章に渡って弾きましたが、技術が至らず相変わらずの不完全燃焼に。ともあれ演奏会後の打ち上げも含め、気の置けない仲間たちと楽しい時間を過ごすことができました。結局下町の演奏会は4回続きましたが、いよいよ次回は古巣、上野の旧奏楽堂へ戻ることになるでしょう。

|

« 晩秋の金沢散歩 にし茶屋街から寺町の小径巡り | トップページ | プヌ族の白塗りマスク アフリカからの久方振りの新顔 »