« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の1件の記事

2018年5月 3日 (木)

熱狂の日に新旧ロシアンピアニストの二公演

連休中に東京国際フォーラムで開催されるラ・フォル・ジュルネの演奏会へ初めて足を運びました。建物周囲には沢山のキッチンカーが並び、オープンカフェが賑わっていました。かつての指導学生がホールAの音場支援システムの設定に携わったこともあり、残響付加の効果の体感を兼ねて、ロシアの若手ピアニスト、ルーカス・ゲニューシャスによるショパンのピアノ協奏曲第1番を拝聴。敢えて2階バルコニーの遠くの席を選びましたが、舞台は小さく見えるものの見晴らしは良好。聴衆はまず、天井や側壁のスピーカから残響音が出ていることに気付かないでしょう。流石に音は小さいものの、ピアノの細かなフレーズも聞こえ、落ち着いた演奏に感心しました。この前座を楽しんだ後、有楽町のガード下で一杯やり、ホールB7でのベレゾフスキーのリサイタルへ。曲目は当日発表でしたが、プログラムを開けてみると、録音のないスクリャービンの練習曲作品65やソナタ5番など、大当たり。残響の乏しいホールでしたが、明瞭に聞こえる演奏の詳細に聞き耳を立て楽しみました。熱狂の日は、総じて満足な一日となりました。

Pic20180503a

Pic20180503b

|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »