« 香港紀行その1 熱気溢れる超過密都市の下町情緒 | トップページ | 南予を行く 郷愁の内子・大洲から八幡浜へ »

2017年8月30日 (水)

香港紀行その2 素晴らしき潮州料理、山海の美味に舌鼓

香港滞在中の最大の楽しみは、やはり食文化。朝食は街角のお粥屋で頂く、薄味ながら魚のあらや皮蛋の旨味が効いた粥が素晴らしい。広東料理や上海料理も食べる機会がありましたが、現地に入って潮州料理の存在を知り、初日と最終日の夜に食しました。潮州市は香港より北、海岸線より内陸に入った所に位置しますが、海に面していて、海産物の干物、練り物や鵞鳥の料理が有名です。鵞鳥肉を煮込んだ鹵水鵝は定番料理で癖もなく旨味あり。小さな牡蠣が入った粥やチヂミ、三種類の烏賊のセロリ炒めなども比較的あっさりした優しい味でした。花蟹を茹でて冷ました凍花蟹は名物ですが、一匹2万円以上の超高級食のため今回は残念ながら見送り、干し海鼠と家鴨の水掻きの土鍋煮を注文。両者ともにゼラチン質がたっぷりで大変な美味。ビールは青島と藍妹(ブルーガール)、紹興酒と合わせると、益々山海の美味に唸るばかり。

Pic20170827

Pic20170829c

Pic20170829d

|

« 香港紀行その1 熱気溢れる超過密都市の下町情緒 | トップページ | 南予を行く 郷愁の内子・大洲から八幡浜へ »