« ジャンプW杯2016/17終了 日本女子ツートップ時代 | トップページ | もう一つの阿波へ 風光る紀伊水道 桜満開の和歌山 »

2017年4月 1日 (土)

春の安房へ 小雨の中を路線バスで岬巡り

都内から内房線に揺られ、古い歴史を持つ安房地方へ。館山から海沿いを少し西に向かい、安房塩見にて一泊二日の出張。雨の中、集落や古民家を視察した翌日は、直帰せずに房総半島南端を路線バスで周遊することにしました。小雨の残る中、まずは最西端の洲崎へ向かい、浦賀水道を臨む洲埼灯台へ。小さな集落を散歩し、洲崎神社を拝んだ後、再度バスで終点の道の駅、南房パラダイスまで移動。そこから相浜方面まで海に沿って歩き、道中で見つけた手打ち蕎麦屋で昼食休憩を取りました。昼食後は別の路線バスに乗り込み、房総半島最南端の野島崎に向かうと、海に突き出した台地の上に白色八角形をした野島埼灯台が見えてきました。灯台の内部を階段で上ると、頂部からは黒い岩石で覆われた岬の先端が見渡せ、晴天であればさぞかし気持ちの良いことでしょう。近くの干物屋で土産を買って、千葉市内直行の高速バスで帰路につきました。

Pic20170401a

Pic20170401b

Pic20170401c

|

« ジャンプW杯2016/17終了 日本女子ツートップ時代 | トップページ | もう一つの阿波へ 風光る紀伊水道 桜満開の和歌山 »