« 冬のワイキキ散策 意外に美味なハワイアン料理 | トップページ | ジャワ土産の仮面トッペン 伎楽面の滑稽な遠戚 »

2016年12月18日 (日)

葡萄酒呑録2015年 四つ星連発、国産から仏産の王様まで

一年遅れで葡萄酒呑録を整理し、Tasting Record 2015を公開、Selection of Four Starsも更新しました。秋以降、体調不良で節酒した割には、最近5年間でボトル数は167 本と最多を記録。最高位の四つ星も二十年来で最多の6本と、質量ともに充実した一年でした。内訳は次の通り。メルボルン出張の際に購入したBy Farのシラーはオーストラリアらしからぬ品性ある複雑味が印象的。国産初の四つ星は入手困難な自然派を送り出すBeau PaysageのTsugane La Montagne、メルロ—とは思えない漢方の香りと小梅の味わいが衝撃的。カベルネ系では、チリの銘酒Montes Alpha Mは濃厚で華麗、片や大御所Château Mouton Rothschildは1983年物で程よく熟成。リベラ・デル・ドゥエロからAbadia RetuertaのCuvée El Palomarもテンプラニーニョのブレンドで飲み口は最高。最後は王様DRCのÉchézeaux、一年前の興奮と感動はこちら。これからは佳い酒に絞って呑んでいきたいものです。

|

« 冬のワイキキ散策 意外に美味なハワイアン料理 | トップページ | ジャワ土産の仮面トッペン 伎楽面の滑稽な遠戚 »