« 連夜のトリフォニー 森下のアルカン、ロジェのドビュッシー | トップページ | 冬のワイキキ散策 意外に美味なハワイアン料理 »

2016年11月26日 (土)

P2演奏会十回目終了 東欧以東の珍曲・好演目白押し

二年に一度のこの時期恒例、Piano Perspectivesの記念すべき第10回演奏会「文化の十字路~東欧から中央アジアへ~」をかつしかシンフォニーヒルズのアイリスホールで開催しました。いつもの如くゆったりと客席で仲間の演奏を楽しみましたが、今回は二十年来の十回目ということで、出演者数も過去最大、普段聴くことのない曲もずらりと並び、しかも完成度の高い好演が続きました。アマチュアながら年を経る毎に磨きがかかる様に大いに刺激を受け、今後も益々楽しみです。私自身はバルトーク、ヴラディゲロフ、スメタナと初めて弾く作曲家ばかり。ルーマニア、ブルガリア、チェコの民俗音楽に触れ、東欧を巡った際の風景が脳裏に蘇り、新鮮な気分に浸ることができました。下町での演奏会が3回続きましたが、次回はいよいよ上野の森、旧奏楽堂に戻るかもしれません。

|

« 連夜のトリフォニー 森下のアルカン、ロジェのドビュッシー | トップページ | 冬のワイキキ散策 意外に美味なハワイアン料理 »