« ガブリリュク来日公演 若きヴィルトゥオーソの成長 | トップページ | ユジャ・ワン来日公演 プログラム二転三転とiPad妙技 »

2016年8月13日 (土)

定例演奏会に出演 過酷状態にてローゼンタールに挑む

今年もお盆休み恒例、ルーテル市ヶ谷ホールにて演奏会「ぴあの好きの集い」に出演。今回は最後にローゼンタールとゴドフスキのシュトラウス編曲物がずらりと並ぶ圧巻のプログラム。その一端を担って、私自身はローゼンタールのシュトラウス幻想曲を演奏。春先から体調不良のリハビリとしては重すぎる難曲に挑むことになり、当初は人前で演奏できる目処が立ちませんでしたが、何とか形になるまでに至りました。ところが演奏会の数日前から、突然右耳が水中に潜った時のような難聴に襲われました。実は二年前にも同様の症状が出て、その時は当日何とか治まりはしましたが、今回は全く治癒せずに出演時間を迎えました。音が歪んだり割れたりして聞こえる中、ペダルの響きが全く分からないという最悪の状態。幸い頭脳は冷静、身体感覚のみを頼りに最後まで曲として弾き切ることに専念、何とか事無きを得ました。シュトラウス特集に穴を開けなかったことにほっとし、最終部のゴドフスキによる4部作を片耳を塞いだ状態で楽しみました。シュトラウス幻想曲には必ず再挑戦するとして、Performance Historyを更新。

|

« ガブリリュク来日公演 若きヴィルトゥオーソの成長 | トップページ | ユジャ・ワン来日公演 プログラム二転三転とiPad妙技 »