« 八ヶ岳山麓アカマツの森の中で浮世離れのワイン会 | トップページ | ガブリリュク来日公演 若きヴィルトゥオーソの成長 »

2016年7月14日 (木)

爽涼の苫小牧散策 宇宙船ミール見学 北寄貝の本場の味

夏の北海道出張、千歳空港に降りると、爽やかな空気は快適でまさにストレスレス。一泊二日の仕事の後、千歳から苫小牧に足を延ばしました。駅に着くと、半袖では肌寒い程でしたが、太平洋岸までせっせと街歩き。その途中、苫小牧市科学センターに立ち寄り、幼稚園生と交じって年季の入ったレトロな展示を鑑賞。一番の見所は併設されているミール展示館。旧ソ連製の宇宙ステーションの実物予備機として、基幹モジュールのミールと天体物理観測モジュールのクバントが展示されています。ミールの内部にも入ることができ、ロシア語表記のスイッチが並ぶ操縦室や無重力用のトレーニングマシン、トイレやシャワーを目の前にすると、宇宙飛行士の気分が味わえます。さて、広々とした街並みを海辺まで歩くと、漁港が見えてきました。その側に建つ海の駅ぷらっとみなと市場に立ち寄り、鮮魚店を物色。豊富な貝類の中、苫小牧が名産の大振りな北寄貝が目に付きます。早速併設の食堂でバフンウニ、ボタンエビとともに食しましたが、流石に本場だけあり、肉厚の生北寄貝が味の主役を張っていました。港で行列のできていたマルトマ食堂の北寄貝カレーなるものも気になりましたが、それはまたのお楽しみ。

Pic20160714a

Pic20160714b

Pic20160714c

|

« 八ヶ岳山麓アカマツの森の中で浮世離れのワイン会 | トップページ | ガブリリュク来日公演 若きヴィルトゥオーソの成長 »