« ジャンプW杯2015/16終了 プレブツと高梨の圧倒劇 | トップページ | 出羽遠征その1 初夏の秋田にて真面目な酒蔵巡り »

2016年6月 4日 (土)

自然音に囲まれての実験演奏会 予期せぬコラボ実現

"Sence of Globe"(全球感覚)と題する自然環境に関する国際会議が大学内で開催され、自然音に関する講演を依頼されましたが、加えて実験演奏会も企画され、ピアノを演奏することにもなりました。"Birds on the Keyboard"と題してバロックから現代まで、ダカン、グリーグ、ヤナーチェク、モンポウ、メシアン、吉松の小品6曲を選択。カッコウ、フクロウ、ベニヒワ、コマドリ等、色々な鳥が登場します。実験演奏会ではユニークな試みとして、サウンドデザイナーが自然音を再生する中、プロの演奏家による琴、三線、尺八の演奏が行われました。その演奏を聴いているうちに、ふと私も自然音の中でピアノを弾いてみたくなりました。急遽予期せぬコラボが実現し、普段とは異なる野外のような寛いだ雰囲気の中でピアノを弾くと、なかなかの心地よさ。客席ではどのように聞こえたかは不明ですが、評判はさほど悪くはなさそうです。Performance Historyを更新。

|

« ジャンプW杯2015/16終了 プレブツと高梨の圧倒劇 | トップページ | 出羽遠征その1 初夏の秋田にて真面目な酒蔵巡り »