« 出羽遠征その1 初夏の秋田にて真面目な酒蔵巡り | トップページ | 八ヶ岳山麓アカマツの森の中で浮世離れのワイン会 »

2016年6月27日 (月)

出羽遠征その2 山形・山寺・仙台ふらり散歩

増田町最寄りの十文字駅から奥羽線を南下し、新庄で電車を乗り継いで山形市内へ。それにしても東北弁は独特で、車内の方言が秋田弁から山形弁へと移り変わるのが面白く、特に新庄弁で同意を求める終助詞「にゃ」が耳から離れません。翌早朝に山形城跡の霞城公園を散歩し、三層楼と呼ばれる旧済生館本館を見学。昼前は芭蕉の旅に思いを馳せつつ、運動を兼ねて山寺、宝珠山立石寺へ。登山口にある根本中堂からせみ塚、仁王門を経て約千段を上ると、奥の院が控えています。崖の上の五大堂から絶景を拝み、森の空気に癒された後は、電車でうたた寝をしつつ仙台へ。一仕事をこなした後、夕刻帰京前にふらりと文化横丁に足を運び、最後は静謐な異空間、源氏にて一献。

Pic20160627a

Pic20160627b

Pic20160627c

Pic20160627d

|

« 出羽遠征その1 初夏の秋田にて真面目な酒蔵巡り | トップページ | 八ヶ岳山麓アカマツの森の中で浮世離れのワイン会 »