« 晩夏蒸暑の沖縄へ コザ・那覇の密かな酒場にて珍味を堪能 | トップページ | 音楽の秋到来 ハフとカツァリス来日公演 P2演奏会予告 »

2015年9月19日 (土)

会津若松・宇都宮の建築探訪 ぶらり途中下車の旅

出張で会津若松に4泊。最後の夜は町の奥座敷、東山温泉のくつろぎの宿・新滝に宿泊。土方歳三ゆかりの猿の湯がある歴史ある宿のようですが、現在はRC造の大きな建物となっています。一方、鄙びた温泉郷を散歩すると、隣には文化財の木造老舗旅館、向滝が見事な姿で建っていました。シルバーウィーク初日の翌朝、折角なのでしばしの会津観光。白虎隊自刃の地でもある飯盛山に向かい、珍しい六角三層、二重螺旋構造の円通三匝堂(通称、さざえ堂)を上って下り、その間に三十三観音巡りが完了。昼前にはローカル線で会津を発ち、郡山経由、宇都宮にて途中下車。駅から西側の中心市街は初訪問のため、観光マップを手に街歩き。まずは田川近くの旧篠原家住宅へ。江戸時代末期から醤油造りを営んだ豪商の土蔵造店舗兼住宅で、外壁の黒漆喰塗り、非常に堅牢な造りが印象的。中心市街の盛り場近くには、松が峰教会が場違いに美しく佇んでいました。ロマネスク・リヴァイヴァル様式の大谷石建築の中に入ると、運良く聖堂まで案内して頂けました。黄色いステンドグラスから夕日が差し込み、白漆喰と大谷石の石肌の対比が美しく、立派なパイプオルガンも設置されています。今日は期せずして建築探訪の一日となりましたが、最後はお約束の滋味溢れる名酒場、庄助に寄って帰路につきました。

Pic20150919a

Pic20150919b

Pic20150919c

|

« 晩夏蒸暑の沖縄へ コザ・那覇の密かな酒場にて珍味を堪能 | トップページ | 音楽の秋到来 ハフとカツァリス来日公演 P2演奏会予告 »