« 猛暑の地へ遠征 関宿から館林うどん、佐野の地酒、足利花火 | トップページ | 恒例演奏会に強行出演 ノルマの回想に無謀挑戦 »

2015年8月 9日 (日)

サンフランシスコ避暑紀行 週末のナパヴァレードライブ

酷暑の日本を離れ、国際学会参加のため、冷涼なサンフランシスコに一週間滞在。実際は、治安が悪いものの宿代が安価なオークランドに宿泊。バークレーに近いため大学生が集うカフェやレストランもあり、Bart(ベイエリア高速鉄道)に15 分程乗ればサンフランシスコ中心街と交通の便も良く、悪くありません。平日は仕事後の夕方、海岸地区に建つフェリービルディングのワインバーに繰り出したり、16年前に訪れたことのある科学博物館が近くに新装オープンしたExploratoriumを体験したり。日曜はレンタカーを借りて、まずはゴールデンゲートブリッジ南端のFort Pointへ。煉瓦造りの砦の屋上に上ると、肌寒い風が吹き寄せる中、雄大な風景が一望できます。ハイウェイでLime Pointの灯台を眼下に対岸に渡り、、小一時間でソノマを抜けると、カリフォルニアワインの聖地ナパヴァレーに入りますが、ナパの市街地は谷の南端にあり、そこから30km程の幹線道路沿いにワイナリーが並びます。高級なワイナリーの見学は予約が必要ですが、今回は気軽にデリで昼食も取れるV. Sattui Wineryを訪問。一人6種類の試飲を同行者4人で注文し、白・赤・甘口と全22種類を味見。それにしても屋外では日差しが強く、海沿いから一転して猛暑、良い葡萄が育つはずです。最後はRobert Mondavi Winery向かいのOpus Oneを表敬訪問し、帰路につきました。

Pic20150809a

Pic20150809b

Pic20150809c

|

« 猛暑の地へ遠征 関宿から館林うどん、佐野の地酒、足利花火 | トップページ | 恒例演奏会に強行出演 ノルマの回想に無謀挑戦 »