« 長州路巡りその3 大自然が残る長門 青海島から向津具半島へ | トップページ | 猛暑の地へ遠征 関宿から館林うどん、佐野の地酒、足利花火 »

2015年7月25日 (土)

空琴楼の真夏の夜の夢 隅田川花火を肴に究極の銘酒

今年は隅田川花火大会にあわせて、ピアノ仲間とホームパーティを開催。昼下がりからワインを飲みながら、来年度のPiano Perspectives第10回演奏会のテーマについて、談義に花を咲かせました。途中に余興として、赤白ワインのブラインドテイスティングを企画。赤は南仏ガメイ種のヌーボー、白はムルソーの古酒を組み合わせ、正答率は6割程度と意外に難問であることを再確認しました。日が暮れるといよいよ花火が打ち上げられ、猛暑ながらバルコニーに出て、しばし光と音の共演を鑑賞。さて、本日のメインイベントは銘酒Château Mouton Rothschildの1983年物、エチケットはSaul Steinberg画。その複雑な香りと熟れた味は、まさに真夏の夜の夢。

Pic20150725

|

« 長州路巡りその3 大自然が残る長門 青海島から向津具半島へ | トップページ | 猛暑の地へ遠征 関宿から館林うどん、佐野の地酒、足利花火 »