« さよなら国立競技場 予期せず津田ホールの弾き納めか | トップページ | 喉かな春の茨城中央へ 歴史ある蔵元と内原鉱泉 »

2015年3月22日 (日)

ジャンプW杯2014/15終了 幸運の風はフロイントとイラシュコに

ジャンプW杯2014/15シーズンは、先週はオスロの女子、今週はプラニツァの男子最終戦を以て終了。男子はフロイントがプレブツと同点ながら優勝数で上回り総合優勝という珍事。女子は3年連続の総合優勝を目指した高梨がイラシュコに一歩及ばず。2月末にスウェーデンのファルンで開催されたノルディックスキー世界選手権でも、高梨は4位に沈み、代わりに伊藤が2位と健闘。日本勢は混合団体で3位となりましたが、男子は低調に終わり、全体としてノルウェイ勢とドイツ勢が活躍した大会でした。年間を通してオーストリア男子の若手が大きく飛躍した点も見逃せませんし、葛西の最年長優勝更新もありました。来季は高梨の奮起に期待しましょう。World Ski ChampionshipsWorld Cupを更新。

|

« さよなら国立競技場 予期せず津田ホールの弾き納めか | トップページ | 喉かな春の茨城中央へ 歴史ある蔵元と内原鉱泉 »