« 新春の和泉國酒蔵巡り 故郷の街道と古民家の風景 | トップページ | 早春の太宰府天満宮参拝 梅の名所にて梅酒三昧 »

2015年1月16日 (金)

真冬の北海道 充実の魚屋スーパーと驚異のジンギスカン

冬本番の北海道へ出張。といっても千歳空港近辺で仕事のため、特に楽しいことは期待していませんでしたが、二つほど感心したことがありました。一つは、仕事の合間に立ち寄った恵庭市内のスーパーマーケット「うおはん」。外観は幹線道路沿いにある普通のスーパーですが、鮮魚コーナーがとても広く、品揃えが半端ではありません。新巻鮭は百匹以上ずらりと並び、タラバ蟹、ホッケ、鱈、帆立貝、北寄貝、ツブ貝など北海道の海産物が目白押し。その他、寿都産のごっこや根室産の油子など、普段お目にかかれない魚が安価で販売されていました。ここから土産を発送する旅行客も多いそうです。もう一つは、夜に訪れた千歳市内のジンギスカン屋、さっぽろジンギスカン千歳。「押すな」の赤提灯は、肉を鍋に押しつけるないようにとのこと。店内は年季の入った雰囲気で、赤い服を着た年配の主人が目の前でラム肉を捌いています。まずはモモ、アバラ、スネの順で厚切りのラム肉を頂きましたが、その味わいと食感にジンギスカンの概念が覆ります。圧巻はスペアリブ、あまりの分量にたまげましたが、一番旨味が溢れていました。札幌の有名店は幾つかまわりましたが、この店はそれ以上の驚異です。

Pic20150116a

Pic20150116b

Pic20150116c

|

« 新春の和泉國酒蔵巡り 故郷の街道と古民家の風景 | トップページ | 早春の太宰府天満宮参拝 梅の名所にて梅酒三昧 »