« 葡萄酒呑録2013年 カナダ、スイス、オーストリア産に感心 | トップページ | ポゴレリチ来日公演 サントリーホール23年前の幻影 »

2014年11月23日 (日)

P2演奏会まであと一月 巨匠ボレットの3つの演奏

Piano Perspectives第9回演奏会「花鳥風月〜無常の美に寄せて〜」までいよいよ一月を切りました。私自身は、フロラン・シュミットの黄昏から3曲、幻影から1曲を弾くことにしていますが、依然として譜読みのような段階で、焦る今日この頃です。作曲家がマイナーな上、ほとんど知られていない作品を取り上げますが、秘められた魅力を何とか伝えたいものです。ところで、学生時代所属していたピアノサークルが創立四十周年を迎え、OB会誌の記念号に一筆寄せるよう依頼されました。お題は「一番好きな曲/作曲家/音楽家について」とのこと。そこで少し考えて、雑文「巨匠ホルヘ・ボレットの3つの演奏」を寄稿。その記事はこちら

|

« 葡萄酒呑録2013年 カナダ、スイス、オーストリア産に感心 | トップページ | ポゴレリチ来日公演 サントリーホール23年前の幻影 »