« ポーランド紀行その4 ショパンと蜂起と東側の記憶 | トップページ | 葡萄酒呑録2013年 カナダ、スイス、オーストリア産に感心 »

2014年10月27日 (月)

錦秋のやまなみハイウェイ 湯平・黒川の名湯名宿巡り

家族旅行で大分空港から熊本空港までをレンタカーでドライブ。初日は湯布院の奥座敷、湯平温泉へ。博多の料亭が古宿を継承し、リニューアルした癒しの宿・鷹勝に宿泊。建物から接客まで全てが行き届き、何より料理が素晴らしい。翌朝は九重夢大吊橋へ、橋の上から望む紅葉の久酔峡や震動の滝は絶景。やまなみハイウェイを南下し、景色を楽しみつつ九重連山を越えた後は、秘やかな池山水源へ。トチノキから落ちてくる神秘の水滴にも遭遇しました。二日目は黒川温泉の老舗、山の宿・新明館に宿泊。川のせせらぎを聞きながら名物の洞窟風呂に浸かり、しばしの浮世離れ。最終日は数回は訪れた定番コース、大観峰からカルデラの雄姿を望み、最後は阿蘇山を駆け上って草千里へ。噴火警戒で火口まで行けなかったものの、錦秋を大いに堪能する旅行となりました。

Pic20141025

Pic20141026a

Pic20141026b

|

« ポーランド紀行その4 ショパンと蜂起と東側の記憶 | トップページ | 葡萄酒呑録2013年 カナダ、スイス、オーストリア産に感心 »