« 空琴楼ワイン便り 生死不明の珍酒と古酒はいかに | トップページ | 今年も夏の京都その2 南禅寺にて眼と耳と心の洗濯 »

2014年7月15日 (火)

今年も夏の京都その1 祇園祭前祭の宵々山に西の方角へ

三年続けて、夏の京都出張。今年は、祇園祭が合同化されて49年振りに、前祭と後祭が復活しました。前祭宵々山、御池富小路の宿を出発し、烏丸通りを越えると裏路地へ。京都の暑さと祭の熱気で汗だくになりながら、恒例の山鉾、町屋、夜店の見物。今年は趣向を変えて、一路西進。堀川通を過ぎると、京福電鉄嵐山本線(通称嵐電)の四条大宮駅が見えてきました。路地裏の線路沿いを歩き、隣駅の西院「さい」へ。ちなみに阪急電鉄では「さいいん」と読みます。駅裏には、現役とは思えないレトロな佇まいの折鶴会館が建っていました。その中の名店、立呑み才にて一献、真夏の夢。

Pic20140715a

Pic20140715b

Pic20140715c

|

« 空琴楼ワイン便り 生死不明の珍酒と古酒はいかに | トップページ | 今年も夏の京都その2 南禅寺にて眼と耳と心の洗濯 »