« 今年も夏の京都その2 南禅寺にて眼と耳と心の洗濯 | トップページ | 房総遠征その1 猛暑中の音風景調査 素晴らしき古民家宿 »

2014年7月26日 (土)

空琴楼の夏の風物詩 バルコニーで隅田川花火大会鑑賞

7月の最終週末は、自宅のルーフバルコニーで夏恒例の隅田川花火大会を鑑賞。昨年は、開始直後に猛烈なゲリラ豪雨に見舞われ、あえなく中止になりましたが、今年は心置きなく、ワインを片手に楽しむことができました。コンクールの花火に入ると、今までに見たことのない新種の花火が続々登場。開花方向による発火の時間差により、全体として回転して見えるものや、発火の密度と時間差の変化により、グラデーションとして見えるものがありました。とはいえ、正統に豪快に開く花火がやはり一番。新潟の片貝まつりの四尺玉が恋しくなります。

Pic20140726

|

« 今年も夏の京都その2 南禅寺にて眼と耳と心の洗濯 | トップページ | 房総遠征その1 猛暑中の音風景調査 素晴らしき古民家宿 »