« ピアノアマチュア共同公演 真にピアノ向きホールとは | トップページ | 空琴楼ワイン便り 生死不明の珍酒と古酒はいかに »

2014年6月29日 (日)

上肢改造計画進行中 左手と右手の差異感を手掛かりに

最近、ピアノ演奏のための上肢改造に、良い手応えを感じています。練習内容は極めて単純。左右の順に片手ずつ各種スケールを弾き、得意な左手を参照として、苦手な右手に残る違和感の原因を探るというものです。長年、個人差と同様に、両手差を前提条件として諦めてきましたが、そうでもなさそうです。上肢改造計画の参考として、昨年末に2冊の書籍を紹介しましたが(記事はこちら)、その後さらに素晴らしい本を見つけました。林美希著「よくわかるピアニストからだ理論〜解剖学的アプローチで理想の音を手に入れる〜」(ヤマハミュージックメディア)。一見、ページ数も少なく初心者向けの平易な本かと思いきや、解剖学的な分析やイラストがとても充実しています。ただし、本書から得られる知識を自身の練習法に反映させるには、やはり別に現象と構造の理解力が求められます。

|

« ピアノアマチュア共同公演 真にピアノ向きホールとは | トップページ | 空琴楼ワイン便り 生死不明の珍酒と古酒はいかに »