« 関門海峡をゆく 海中県境を越えて門司港レトロへ | トップページ | 横須賀の至宝を訪ねて 晩春の夕暮れに古き良き酒場へ »

2014年4月19日 (土)

消えゆくウメチカの昭和 さよならアリバイ通りとぶらり横丁

JR大阪駅から地下鉄梅田駅への乗り換えの際、ウメチカを散策。地上から下りた地下道には、アリバイ通りとぶらり横丁、大阪らしい昭和の風景がありましたが、地下道拡幅のための撤去が決定しています。全国各地の土産物を売る阪神百貨店ふるさと名産、通称アリバイ通りには、奥行き50cmしかない各県の店舗が並んでいましたが、今年3月に退去したそうです。居酒屋やうどん屋などが入っているぶらり横丁も今秋までとのこと。地上への階段の上り口にある立ち飲みの串カツ屋・松葉は、1948年創業、雑踏の脇で異彩を放っています。残念ながら、この店も退去の対象。串カツとキャベツを頬張り、お別れの特製ハイボールを一杯。

Pic20140419

|

« 関門海峡をゆく 海中県境を越えて門司港レトロへ | トップページ | 横須賀の至宝を訪ねて 晩春の夕暮れに古き良き酒場へ »