« 師走の那覇の夕べ 牧志市場、栄町市場、竜宮通りへ | トップページ | 謹賀新年 小春日和の隅田川七福神巡りと浅草寺初詣 »

2013年12月21日 (土)

P2演奏会まであと一年 上肢改造計画進行中

ピアノ仲間と隔年開催するPiano Perspectivesの第9回演奏会まであと一年となりました。今回のテーマは「花鳥風月〜無常の美に寄せて〜」。フランスの印象派が先ず思い浮かびますが、よく考えると、バロック音楽から現代音楽まで色々な曲があります。出演者各々の選曲がとても楽しみです。ところで、この一年はピアノ演奏のための上肢改造計画に熱心に取り組んできました。そのきっかけとなった書籍は、トーマス・マーク著「ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと」(春秋社)。尺側偏位と親指手動の問題を指摘し、ボディマッピングの重要性を説いています。ただ、練習法には踏み込んでいないため、具体的にどのように身体を改造すべきかは思案と試行錯誤が必要でした。その際、非常に参考になったカパンジー著「カパンジー機能解剖学 第1巻 上肢 」(医歯薬出版)は医学書ですが、指・腕・肩の骨・関節・筋の構造が明解なイラストでよく理解できます。年の瀬に差し掛かり、ようやく手応えを実感し、来年が楽しみになってきました。

|

« 師走の那覇の夕べ 牧志市場、栄町市場、竜宮通りへ | トップページ | 謹賀新年 小春日和の隅田川七福神巡りと浅草寺初詣 »