« スイス紀行その3・ルツェルン編 風光明媚な街の音楽祭 | トップページ | 手筒花火の故郷・豊橋へ 炎の祭典と密やかな名割烹 »

2013年9月17日 (火)

チロルの古都インスブルック探訪 流麗なるジャンプ台登頂

チューリヒからウィーン行きの列車で4時間弱、のどかなアルプスの谷間を走り、チロル地方の古都インスブルックへ。数日間の滞在中、世界的に有名なジャンプ台、Bergiselを訪問。1997年に一度訪れましたが、その後2001年に大規模改修があり、ザハ・ハディド設計のモダンなタワーには展望レストランも併設されていました。8年振りにLandscapes mit Schanzenを更新。夕方は旧市街の風情あるガストホフWeisses Rösselで、庶民的なチロル料理とオーストリアワインを頂きました。白はGrüner Veltliner種、赤はZweigelt種。物価の高いスイスからオーストリアに来ると、勘定はおよそ半額。満足感に浸りながら路地を歩き、黄金の小屋根Goldenes Dachlを眺めた後、夜道を帰りました。追記:チロル民俗博物館には、なまはげに似た風習に使用するクランプスの仮面が数多く展示されていました。

Pic20130917a

Pic20130917b

Pic20130917c

|

« スイス紀行その3・ルツェルン編 風光明媚な街の音楽祭 | トップページ | 手筒花火の故郷・豊橋へ 炎の祭典と密やかな名割烹 »