« 夏到来の京都その2 宵山の熱気と祇園囃子の響きで浮世離れ | トップページ | 夏本番の福島遠征 安達太良山麓と阿武隈高原で避暑気分 »

2013年8月 6日 (火)

ガーナ土産の民族楽器アサラト 日本育ちパチカの原型

かつての指導学生からガーナ土産に民族楽器のアサラトを頂きました。日本ではプラスチック製でパチカと命名され、熱狂的なマニアもいる模様。二つの玉をぶつけてコツコツ、玉を振って中の小さな実をシャカシャカと、カスタネットとマラカスを組み合わせた演奏が可能です。日本パチカ連盟によるパチカ検定まであり、高度な奏法が編み出されているそうです。ウェブで楽器を調べるうち、世界の楽器を紹介する興味深いサイト、同一作者の私家版楽器事典Web楽器事典を発見。世界中の楽器が網羅され、特にイラストが素晴らしい。空琴楼の楽器コレクションが一つ増え、Sound Instruments Galleryを更新。

Pic20130806

|

« 夏到来の京都その2 宵山の熱気と祇園囃子の響きで浮世離れ | トップページ | 夏本番の福島遠征 安達太良山麓と阿武隈高原で避暑気分 »