« 柏の葉公園の全国大陶器市 鍋島焼の酒器で花見気分 | トップページ | 秋田・男鹿を巡る旅その2 日本海の絶景となまはげ体験 »

2013年5月18日 (土)

秋田・男鹿を巡る旅その1 名酒場の美酒美肴に脱帽

週末、気分転換に秋田へ。第一の目的は、酒場の最高峰とも謳われる酒盃訪問。午後のフライトで、まだ雪深い月山や鳥海山を眺めつつ秋田入りし、駅前から市内を散歩。久保田城跡の千秋公園ではつつじ祭りが始まり、夜はライトアップで彩り鮮やかに。旭川に沿う歓楽街・川反(かわばた)通りをやり過ごし、広々とした地割の山王地区をしばらく進むと、古民家風の酒場が姿を現します。口開け直後にお邪魔し、暗い板張りの廊下を抜けてカウンターへ。主人と会話を交わす中、店のこだわりを聞き出し、後はお任せの料理と美酒で夢心地。お通し6品から絶品、酒が進む。小海老と百合根のかき揚げ、比内地鶏さし、おぼろ豆腐、鯨と茄子のみそ貝焼、秋田の地酒7種を頂きました。特に、太平山・津月純吟の円熟味、阿櫻特純の切れのある旨味は忘れまい。

Pic20130518a

Pic20130518b

Pic20130518c

|

« 柏の葉公園の全国大陶器市 鍋島焼の酒器で花見気分 | トップページ | 秋田・男鹿を巡る旅その2 日本海の絶景となまはげ体験 »