2018年5月 3日 (木)

熱狂の日に新旧ロシアンピアニストの二公演

連休中に東京国際フォーラムで開催されるラ・フォル・ジュルネの演奏会へ初めて足を運びました。建物周囲には沢山のキッチンカーが並び、オープンカフェが賑わっていました。かつての指導学生がホールAの音場支援システムの設定に携わったこともあり、残響付加の効果の体感を兼ねて、ロシアの若手ピアニスト、ルーカス・ゲニューシャスによるショパンのピアノ協奏曲第1番を拝聴。敢えて2階バルコニーの遠くの席を選びましたが、舞台は小さく見えるものの見晴らしは良好。聴衆はまず、天井や側壁のスピーカから残響音が出ていることに気付かないでしょう。流石に音は小さいものの、ピアノの細かなフレーズも聞こえ、落ち着いた演奏に感心しました。この前座を楽しんだ後、有楽町のガード下で一杯やり、ホールB7でのベレゾフスキーのリサイタルへ。曲目は当日発表でしたが、プログラムを開けてみると、録音のないスクリャービンの練習曲作品65やソナタ5番など、大当たり。残響の乏しいホールでしたが、明瞭に聞こえる演奏の詳細に聞き耳を立て楽しみました。熱狂の日は、総じて満足な一日となりました。

Pic20180503a

Pic20180503a

|

2018年3月30日 (金)

浦安音楽ホールの響き 余興のメトネル再演

音響学会の研究会が昨年開館した浦安音楽ホールで開催され、一人二役、仕事上の記念講演と役得の試聴演奏を担当しました。客席数は303席、残響時間は1.8秒と規模からすると長めながら、1階側壁の透かし壁や残響調整用カーテンなどの工夫で、良質な響きとして感じられました。ピアノはスタインウェイとヤマハのフルコンが備えられていましたが、今回はCFXを選択。舞台上では、ピアノの性格で中音域がやや控えめながら、全体的に響きの豊かさと明瞭性のバランスは良く、弾きやすさに難はありません。客席部には1階後方角部の小さなバルコニーや2階のサイドバルコニーにも座席が配置されていて、舞台との一体感が演出されています。試聴会では、私的な選曲ながら、メトネルのおとぎ話ソナタを昨年夏以来の再演。贅沢な空間で、演奏会気分を味わさせて頂きました。

Pic20180330

|

2018年3月28日 (水)

念願の初輪行 蘇った愛車にて春爛漫の房総を快走

先月、2001年から乗り続けている愛車De Rosa Al+を上野にある横尾双輪館に持ち込み、オーバーホールをしてもらいました。リヤディレーラーの9段変速を維持するため、コンポーネントはShimanoのUltegraからSoraへグレードを下げましたが、軟派な自転車乗りには十分な性能です。春休みに経験豊富な知人の案内の下、房総方面へ念願の初輪行。輪行袋はOstrichの超軽量型L-100を使用、今回は自転車の収納・組立の練習が主目的です。午前中は普通列車を乗り継ぎ、内房線の浜金谷駅で下車、館山駅までを走ります。 満開の桜や菜の花畑、浦賀水道を横目に走り、富浦漁港のおさかな倶楽部で昼食休憩。午後は近くの大房岬の自然公園に立ち寄った後、館山駅から江見駅まで乗車。外房では安房鴨川まで太平洋を拝みながら軽く走り、特急さざなみで帰路につきました。3回目の輪行袋への収納は数分で完了し、要領をほぼ習得したので、今後はせっせと輪行に励みたいと思います。本日の走行距離は56km、Bicycle Lifeを更新。

Pic20180328a

Pic2020180328b

|

2018年3月25日 (日)

ジャンプW杯2017/18終了 返咲ストッフと新女王ルンビ

ジャンプW杯2017/18シーズンは、ピョンチャン五輪を挟み、女子はオーベルスドルフでの高梨連勝、男子はプラニツァでのストッフ勝利で幕を下ろしました。男子は前回五輪イヤー以来のストッフの王者返り咲きが見事。日本勢は全体に低調ではありましたが、小林兄弟の躍進が光りました。ジャンプ週間では兄・潤志郎が僅差で4位、弟・陵侑は五輪でノーマル・ラージともに10位以内と、確実に実力をつけてきています。女子はルンビとアルトハウスの一騎打ち。ルンビは長身を生かしたスケールの大きいジャンプに磨きがかかり、女子の勢力図を変えました。一方、日本勢では高梨が3位でしたが、最後に連勝し、めでたくシュリーレンツァウアーの通算53勝越えを果たしました。国別では伊藤、勢藤、岩渕が16位以内に入り、ドイツに僅差の2位でしたが、来季の活躍が益々期待されます。

|

2018年2月25日 (日)

ピョンチャン五輪ジャンプ観戦 極寒の荒れる風に勝利したのは

ピョンチャン五輪が閉幕。氷上のスケートでは最後まで日本勢のメダルラッシュに盛り上がりましたが、ジャンプ競技は前半に終了。極寒のナイター戦では風が吹き荒れ、選手には厳しい条件となりましたが、それに打ち勝ってこそメダリスト。男子はヴェリンガーがノーマルヒル、ストッホがラージヒルを制しましたが、全体的に活躍が目立ったノルウェイ勢が初の団体金メダルに輝きました。女子は上位3名がW杯ランキングの通りとなり、今シーズン絶好調のルンビが制しました。高梨は銅ながら悲願のメダリストとなり、ソチから一段上に進めたことは幸いです。女子の競技水準は格段に上がり、選手層も厚くなってきたことから、四年後の北京では女子団体を設けてもらい、日本勢の活躍を見たいものです。

|

2018年2月10日 (土)

ムストネン来日公演 ノンレガート奏法による刺激的な音楽

フィンランドの奇才とも称されるピアニスト、オッリ・ムストネンの演奏を聴きに、土曜の昼下がりのすみだトリフォニーホールへ。以前から、ショスタコーヴィッチとアルカンの前奏曲集、プロコフィエフ「束の間の幻影」とヒンデミット「ルードゥス・トナリス」、といった珍しいカップリングのCDに注目していましたが、生演奏は初めて。前半はシューマン「子供の情景」とプロコフィエフの第8ソナタ。独特のノンレガート奏法により刺激的な音楽が繰り広げられ、特にプロコフィエフの終楽章は圧巻。よくもあれほどの鋭敏な打鍵にピアノが追従できるものと感心しました。後半のベートーヴェンの「森のおとめ」変奏曲と熱情ソナタも類を見ない演奏。熱情はかなり奇異な印象を受けましたが、変奏曲は光るものあり。若い頃の録音にベートーベンの変奏曲集があることを知り、早速物色しましょう。

|

2017年12月 6日 (水)

年の瀬の二公演 岡田博美の超絶技巧、エマールの眼差し

11月末は久しぶりに東京文化会館小ホールを訪れ、岡田博美氏のピアノリサイタルへ。標題は「Virtuosity - バロックから近代まで」、前半はバッハの半音階的幻想曲とフーガに始まり、ワルトシュタイン、後半はリャプノフのレスギンガやドン・ジョバンニの回想など、名技性満載のプログラム。バッハの緻密な演奏に対して、後半は意外にも情熱が過ぎ、勢いで走り抜けた印象を受け、やや残念。ホールでは中央やや右寄りの席でしたが、低音域が過多に響き、明瞭性が今ひとつ。記憶では良い音響のイメージがありましたが、前回訪問が思い出せません。少なくとも2014年の改修前ですが、改修の影響か、聴く耳が変わったのか。12月初めは東京オペラシティコンサートホール にて、エマールによるメシアンの幼子イエスに注ぐ眼差し全曲演奏会。最大の期待を持って向かいましたが、演奏会というより宗教的な精神体験のようで、期待以上の圧倒的な感銘を受けました。自身の存在すら意識させない程の音楽への没入感は、エマールの高度な演奏技術と音楽的理解が為せる業。ホールの雰囲気も大いに貢献、もちろんメシアンのまさに神懸かり的な創造があってこそ。

|

2017年11月20日 (月)

徳島再訪 阿波人形浄瑠璃の世界 鳴門の渦潮の絶景

今年の春に引き続き、秋の徳島に一泊二日の出張で再訪。前回の宿題となった阿波十郎兵衛屋敷を訪問し、阿波人形浄瑠璃の一端に触れました。阿波人形浄瑠璃は、大阪で発展を遂げた文楽とは異なり、農村舞台で上演された民俗芸能で、明治時代に最盛期を迎えたそうです。人形を間近で見るとかなりの大きさで、三人で遣うにしても随分と重そうで、支えるだけでも大変そうです。残念ながら、今回も上演を鑑賞することができず、もう一度宿題が残りました。翌日は仕事の後、鳴門海峡まで車を飛ばし、大鳴門橋の遊歩道「渦の道」へ。道路の下の橋桁の中を、海峡の景色を左右に眺めながら、歩くこと450m。展望台の真下には激しい渦潮が見え、観光船が渦に近づいては流されていました。ちなみに、世界三大潮流は、鳴門海峡の他にメッシーナ海峡とセイモア海峡だそうです。最後は、橋の袂の孫崎から海峡に架かる橋と淡路島の雄大な風景を拝み、帰路に就きました。

Pic20171119

Pic20171120

|

2017年10月29日 (日)

葡萄酒呑録2016年 健康的に量より質の一年

秋の夜長、ワインを傾けつつ、ようやく昨年のワイン記録を整理しました。例年通り、Tasting Record 2016を公開、Selection of Four Starsも更新。昨年は体調不良が続き、普段のワインは控えたため、1994年に記録を付け始めて以来、二番目に少ないボトル数57本となりました。しかし、その中で最高位の四つ星は3本となり、量より質に移行しつつあります。その3本は全て八ヶ岳山麓の知人別荘宅でのワイン会で頂いた格調高い白と赤。RemoissnetのBienvenues Batard-Monrachet 1986、GuigalのCôte-Rôtie La Landonne 1994、CaparzoのBrunello di Montalcino La Casa 1985を選出しました。各々の感想はこちら

|

2017年10月 1日 (日)

ジャワの道化師四人組勢揃い 宇和島の牛鬼まつり

昨年インドネシア人留学生から二つのトッペンを頂きましたが、さらにその続きで二つを頂きました。桃色顔はGareng、白顔はSemarという名前の宮廷道化師(Panakawan)のようで、これで四人組が揃いました。また、先日の南予遠征の際、宇和島土産の牛鬼のミニチュアを購入。宇和島では夏に和霊大祭と同時に牛鬼まつりが開催され、その祭には「牛鬼」と呼ばれる巨大な山車が登場するそうです。一度訪れてみたいものです。Asian MasksJapanese Masksを更新。

Pic20171001a

Pic20171001b

|

«南予を行く 郷愁の内子・大洲から八幡浜へ